デイサービス活用ナビ - 基本料金から開業情報まで

 

あなたは、デイサービスについて何かご存知ですか?現在、高齢社会と言われている日本では、お年寄りの数が増加すると共に福祉施設も増加しているのが現状ですよね。そんな中、日帰りで気軽に受けることが出来るサービスが注目を集めていて、様々な事業所が行なっています。また、年々新しく開業する事業所も増えていますね。

 

そもそもデイサービスとは、老人福祉法に基づく事業所のことで、高齢者に対して入浴や食事の介助、健康チェックやリハビリ、季節の行事や趣味の活動等のレクリエーションを日帰りで行なうものです。それらを通して脳やカラダに適度に刺激を与えることによって、身体能力の低下や認知症の進行を抑えることを目的としています。

 

また、高齢者だけでなく介助する側の家族にとってもデイサービスはメリットがありますよ。介助者が施設にいる時間は看護から解放されて自由な時間が得られるので、介助者を含む家族を支援することがメリットとなっています。現在では多くの方々に必要とされている重要なサービスですね。

 

しかし、一言でデイサービスと言ってもその種類は様々になります。一般的にはデイケアが行なっているリハビリを、デイサービスでも行なっている所があったり、レクリエーション活動の中身が異なっていたりと、業者によって様々な内容となっています。よって、通う方に合った所を選ぶことが大切になりますね。

 

その中でも、送迎の有無については確認しておいた方が良いと思います。送迎を行なっている所は多くありますが、場合によっては送迎を行なっていない所もあり、それだと介助する側の負担がかかってしまいますよね。なので、事前にデイサービスを体験してみて色々と問い合わせをしてから選ぶようにして下さいね。

 

ちなみに、施設に通う際に気になるのが料金ですね。その料金は、要支援等の認定された度合いによって異なるもので、レベルが高いほど料金が高くなっています。と言っても、料金には保険が適用されるため、自己負担の1割が実際に負担する料金になっています。気になる方は、事前に事業所や担当ケアマネージャー等に確認しておきましょう。こちらでも参考までに記載しているので見てみて下さい。

 

高齢者は、お金・健康・孤独の3つの不安を抱えて生活していると言われています。その中で、健康と孤独に関しては、デイサービスのリハビリやレクリエーション等を通して解消することが出来ると思うので、ぜひとも活用していきたいものですね。通った事が無い方にとってはイメージが掴めない所があると思いますが、通うと楽しい場所なのでお勧めですよ。それではごゆっくりご覧下さいませ…

 

デイサービスとは?


あなたは、デイサービスについてどのようなことをご存知ですか?

 

高齢者の数が増えて、介助を受ける方もまた増えているなか注目されているのが「デイサービス」ですよね。

それは一般的に、介護保険で要支援等の認定を受けた方が利用する通所介護を指しています。

 

内容については、センターなどの施設に通い、入浴や食事等のお世話やリハビリ等の機能訓練、健康チェック、レクリエーションなどを日帰りで利用できるものです。

 

要支援等の認定を受けた人は、身体の動作が低下して家に閉じこもりがちになるので、刺激が少なくなって体を動かす機会も減るために、ますます体の機能を低下させたり認知症を進行させてしまいます。

 

なので、デイサービスを通して出来るだけたくさんの人に会い、レクリエーションリハビリなどで体を動かすことによって脳や体に刺激を与え、身体の動作の低下や認知症の進行を抑えることが出来るようになります。

 

そして、レクリエーションを通して通う事が楽しくなれば、高齢者が充実感を覚えて心身ともにイキイキと過ごすことが出来るようになります。

 

そんなデイサービスは、お年寄りにとっての生きがいづくりの場所の1つとしてとても大切な事です。

 

また、お世話をする家族にとっても、利用者が施設にいる時間は、普段の負担から開放される貴重な時間になるので、活用することで家族に休憩する時間やゆっくり過ごす時間を与えてくれているんですね。

 

業者のほとんどは利用者の送迎も行ってくれるので、車椅子を使用している人などでも安心して活用することができますよ。

 

高齢社会である今、お年寄りだけでなくお世話をする人々の支援も行っている所は、ほとんどの方に必要とされています。

 

小規模なものや大規模なものなど色々な種類がありますが、一人一人に合ったサービスが受けられる所を選び、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

デイケアとの違い


あなたは、デイケアとの違いを知っていますか?

 

デイサービスは、高齢者が施設に通ってレクリエーションや食事、入浴などを受けるものですよね。

その他受けられるものについては、デイケアと呼ばれるものもあります。

 

では、このデイサービスとデイケアは名称が似ていますが、いったい何が違うのでしょうか。

 

<デイケア>
通所リハビリテーションのことです。

 

デイケアでは、リハビリの事業者の所へ通い、理学療法士や作業療法士が行う機能回復訓練などのリハビリを受けることが可能です。

 

このため、整形外科などの病院や診療所、老人保健施設がデイケアの設備を設けて行っています。

 

基本的にデイケアはリハビリが中心となるので、送迎サービスや食事、入浴やレクリエーションがないデイケアもありますね。

 

<デイサービス>
外出やレクリエーション活動を行うことで、毎日をイキイキと過ごすことや家族の負担を減らすことが目的です。

 

それに対してデイケアでは、リハビリによる身体の機能回復や維持を目的としているという違いがあります。

 

ただし、デイサービスでリハビリに力を入れている事業者がある一方で、デイケアと称していても実際はあまりリハビリに力を入れていない事業者も中にはあります。

 

よって、申し込む前に候補の施設に見学に行って、どのような活動が行われているのかを、自分や家族の目でしっかりと確かめることが大切ですね。

 

送迎の有無もきちんと確認しておきましょう。

 

どちらであっても、利用者に合ったサービスを受けられる所を選ぶことが1番重要になりますよ。