フラット35は中古住宅の場合には基準を満たさないことが多い?

中古住宅を購入したい場合には、フラット35ではそれぞれの基準というものがあり、それをクリアしていないと申し込みをすることができませんので、気を付けておいた方が良いでしょう。
フラット35では住宅の規模の床面積の広さが決まっています。
一戸建て住宅の場合、連続建て、重ね建ての場合もそれぞれ70㎡以上と決まりがあります。
マンションなどの共同住宅の場合、30㎡以上という決まりがありますのできちんと確認しておいた方がいいと思われます。
また中古の場合築年数によっては劣化状況が進んでいるものもあり、一戸建ての場合ですと土台などや床が腐っていないかどうか、アリなどの被害にあっていないことなどが基準となっているようです。
マンションなどの共同住宅の場合には壁や柱などの柱がむき出しになっていないかなどの状況をフラット35ではみられるようです。