レイクALSAのキャッシングの金利について

大概キャッシングをする際は少額を借りる事が多いです。

確かに少額で有れば返済するのは訳ないですが、そのキャッシング金利が曲者です。

確かに今は利息制限法で最高でも20%、実際は高くても18%前後で貸している業者がほとんどです。

長くても2・3か月、はやければ1月で返してしまえば、あまり気にも留めないかもしれません。

しかしやはり金利は金利でしっかり取られているからです。

確かに手軽さの代償という側面は有りますが、銀行口座にお金を入れておけば、今はコンビニにATMが有りますので、24時間下ろす事が出来ます。

多少手数料はかかりますが、キャッシングの金利よりは安いです。

どうしても給料日前でお金が足りないという場合はいたしかたないとしても、あまりにも頻繁に借りたり返したりを繰り返していると、自分がどれだけ金利を支払ったか分からなくなるでしょう。

キャッシングで借りる際は、完済した状態から借りると金利をいくら支払ったか分かりやすくていいです。

返済日に遅れずきちんと返済しておけば、信用度が上がり、キャッシング業者から追加融資を認めてもらえるでしょう。

とはいえ、返済遅延の過去があったり、あまりにも短い間に複数回借り入れた場合は、お金に困っている印象を与えるので、ほとんどの業者では追加融資を認めません。

金銭管理が甘いということで、追加融資しても返済が滞る可能性があるからです。

追加融資を受けたいけれど、返済実績がはっきり分からないという時には、コールセンターなどに問い合わせて確認することができますが、一度断られたら、素直に受け入れてください。

どのような事情があろうと、増額申請を繰り返したり、審査落ちの理由を聞くようなことはしないでください。

場合によっては契約解除され、ブラックリストに名前が載ってしまうでしょう。

名前は知っているけれど、レイクALSAのようなキャッシングとカードローンのサービスの違いが分からない人もいるでしょう。

どのような違いがあるかと言うと、数万円から十数万円の借入に適しているのがキャッシングで、返済は一括で行われるものが多いです。

対して、基本的に数十万円から数百万円程度の大口融資をする際に使われて、返済が基本的に一括払いできないものがカードローンと言われるサービスです。

このように、大口融資が可能なカードローンは、レイクALSAのようなキャッシングと比較すると、審査が厳しくなる傾向にあります。

レイクALSAなどのキャッシング大手というと、どんな会社を思い浮かべますか。

SMBCモビットやノーローンなどの銀行系はATMの横に広告があったりで、結構見かけるはずです。

また、市街地や駅前で見かけるレイクALSAやプロミスなど消費者金融系の会社も認知度も高いでしょう。

こういった老舗・大手を利用するメリットは、薄利多売的に、利率が低く設定されていることでしょう。

返済額は借入額+利息ですから、こういった金利負担の少なさの恩恵を受けて返済額を低く抑えることができます。

それに、延滞を起こしにくいというのも事実です。

大手であればWEB上で入力を済ませれば仮審査ができるサイトを作成してあります。

表示された項目に答えていけば、僅かな時間で借入できるかが画面に表示されます。

しかし、年代や収入、他で借りた金額や今回借りたい金額などの正確に判定するには項目が少ない予備的な審査ですから、問題がないと表示された場合であっても、その時になって借り入れられないこともあるのです。

使用する際は、保証された答えではないことを念頭において使用しましょう。

借りたお金を全額一括で返済できるのなら、サービスとして無利息期間を設定している会社を選ぶとちょっとお得にキャッシングができます。

無利息の期間内に借りた金額を返済できればいくら借りても利息なしで済むわけなので、急に入用になった時などにもたいへん重宝します。

また状況により分割で返済するつもりでも、無利息の期間を設定しているような業者の方がサービスが充実している場合も多いですから、まずは詳細を調べて比較してみてください。

カードローンの申し込みと言えば、大手の消費者金融や銀行ではスマホ専用のアプリがあるところもあります。

アプリを使うと申し込みの手間が減りますし、借入をした後の利用枠残高を再確認したい場合や、銀行口座振り込みで借入をしようと思ったときにあっという間にできるのです。

携帯電話ではなくスマホを使っている方なら借入用のアプリを判断基準のひとつにしてどこの業者にしようか考えるのも良いですね。

きちんとした消費者金融では担保が必要ない代わりとして絶対に審査を受けなくてはいけませんから、無審査で融資してくれるところはないはずです。

街中の消費者金融の看板の中で、無担保、無審査でお金を貸しますと表現している告知看板もたまにみますが、これは明らかに違法に業務を行っている金融業者ですから、お金を借りてしまうと、違法な額の金利を要求されますので、注意した方がいいです。

引っ越しには想像以上のお金がかかります。

前もって分かっている引っ越しなら問題ありませんが、突然の辞令で、早急に引っ越しの準備をしなければならない時もあります。

このような状況で金銭的に苦しい思いをした人も意外と多いのです。

そんな時に便利なのが金融機関が提供しているキャッシングサービスです。

即日で最短30分で融資を受けれるものありますし、業者によっては金利が低く設定されているので、上手に運用すればこんなに心強いサービスはありません。

私は金融業者から借りたお金を毎月一定額、返済しています。

ところが先月は、銀行口座に入金することを忘れていたのでした。

参考:レイクALSA自動審査のコツは?自動契約機で申し込み【借りやすさは?】

レイクALSAのようなキャッシング会社の担当者から電話があって、返済について、確認されました。

忘れていただけで返済するお金がなかったわけではないことを一生懸命、説明しました。

勿論悪いのは自分なのですが、遅延損害金を払うことになってしまいました。

闇金というのは、法律の手が届きにくいところにある存在と思われていますが、実際、どんなものだとお考えですか。

テレビなど、マスコミの影響も多分にあると思いますが、いい印象などこれっぽっちもありません。

しかし、町のそこここの隅にひっそりと息づいている闇金業者がそのままあり続けている裏には表に表れないだけで、相当の需要が潜んでいることがわかります。

銀行や金融会社での資金繰りはよほどの優良債務者でない限り扱ってもらえず、返済の確実性を求めるあまり貸付の幅を狭める傾向で、収入が少ないか不安定だったり、職のない人は、貸してくれないので、貸してくれるところを渡り歩き、会社の質を落としていきます。

それでも貸してもらえなくなり、たどり着く先は闇金しかないというわけです。

でも、ご用心、一度お金を借りたら如何なる方法をもってしても抜け出すことは出来なくなってしまうでしょう。

後悔先に立たず。

そうならないよう、お金の貸し借りには気をつけたいものですね。

キャッシングに慣れてくると、徐々に借金に対する緊張感が薄れてしまい、返済期日の前日までにお金を入れ忘れたことがある人も少なくないと思います。

そのような場合には、冷静になって、業者に連絡を取ってみてください。

レイクALSAのようなキャッシング業者の中には、午前中の引き落としができなかった場合、午後にもう一度引き落とすところがあります。

当日最後の引き落とし処理までに返済金を入金すれば、無事に返済日の引き落としとして処理されるはずです。

どうせ間に合わないと諦めて放置することが一番危険です。

状況を説明し、返済の意志があることを伝えれば、業者側も最善の対応を考えてくれるでしょう。