住宅ローンは勤続年数が多いと審査甘くなる?

住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。借り換えをする事で、毎月の返済額が減る事があります。ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。 なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め住宅ローン返済シュミーションなどを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。 マイホームの資金繰りの役立つのは住宅ローンです。住宅ローンは勤続年数が多いと審査甘くなるとか、属性が良いと通りやすいとかいいますよね?やっぱり低金利なところや審査通りやすいところのほうがいいですからね。住宅ローンの申し込みは銀行や信用金庫で行っています。 申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行側は年収・勤続年数を中心に審査をします。以上の事から、申し込めば確実に通る。という風な単純なものではありません。不可。 という場合もあり得ます。 ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。 マイホームの購入を検討するとき、最初に思う事は資金をどうするか?という事ではないでしょうか。 一般的には、住宅ローンで賄う人が多いでしょう。 申し込みの際には、一番年収がある人の名前での申請になります。支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険の申し込みも一緒にお願いされます。こちらは世帯主に万が一のことがあり、支払が出来なくなった場合残った借金が0円になる。 という保険です。 住宅を購入する際には頭金が必要です。 良く頭金0円で住宅を購入出来る!という広告もありますが、確かに頭金0円でも購入可能でしょう。 しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。 月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。 頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入すると他の費用もかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

住宅ローン審査基準甘い銀行は?通りやすい!【勤続年数と年収】