住宅ローンは勤続年数が多いと審査甘くなる?

住宅購入する際、支払いを1回で済ませる。

この様な事は、まず無いに等しいでしょう。

一般的には、住宅ローンを申し込むという方法の借金をする事が多いです。

周りで借金を返している人の話を聞くとやはり、毎月の支払の事を言う方が多いです。

ローンは長い間支払いをし続けなければいけません。

金利の上昇等も気になるところですし人生は突然何かが起こるものです。

支払の途中に病気で入院。

という可能性もあり得ます。

なので、様々なリスクを考慮して購入を考えると良いでしょう。

将来、住宅ローンを組む可能性のある方は、次のポイントを抑えておくと良いでしょう。

これまで経験した事のない高額な買い物になる事間違いなしです。

そのため利息や利子の安さだけでは判断しないようにしましょう。

おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。

いくら金利が安くても保証金や事務手数料がかかると、結果的に損してしまった...なんて方も少なくありません。

そしてその時の景気に合わせて変動金利か固定金利かを選択し、目先の事だけでなく将来を見据えた上で選択しましょう。

良くも悪くも実際の利用者の声を参考にすると良いでしょう。

家を購入しようとしたときに最初に来る難関は資金をどうするか?という事ではないでしょうか。

たいていの方は、銀行や信用金庫などから住宅ローンの申し込みをすると思います。

申し込む際は、家計を支えている世帯主の名前で申し込まなければいけません。

支払期間は非常に長いので銀行側も自分たちを守るための保険として団体信用生命保険の申請も同時にさせられます。

これは、申請者に何かあって支払が滞ってしまう事になった場合残りのローンの支払義務がなくなる。

という保険です。

住宅ローンはどこの会社で選ぶかということも迷うところですが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので月々の計算もしやすく総返済額を正確に計算出来るからです。

但し変動を選択すると、景気によって毎月金額が変わるため生涯、返すべき金額を計算出来ないというデメリットがあります。

けれども、比較的低金利といわれる時代のせいなのか全体の約40%の方が利用しているというデータがあります。

是非、今後の金利動向をしっかり把握しながら今後の負担を少しでも軽く出来るよう資料探しから始めませんか。

長年の夢だったマイホームを目指して住宅ローンを組んだのに、大手企業でなくても審査に落ちた人は少なくないのが現状です。

原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。

年収が400万円以上であるかどうかこれが大きなポイントです。

他にも勤続年数が3年未満の方や、健康状態も判断されます。

今までに納金出来なかったデータが残っている方は、信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いも支払いがしっかり済んでいるか確認してみましょう。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で支払うためのお金を少しでも親族に援助してもらう方は、少しでも贈与税について調べておくと安心です。

これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、10%の税金を支払わなければなりません。

この金額を超えなければ、税金を支払わなくて良いのです。

65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので返済をしっかりしていくためにも下調べが必要です。

これからかかってくる税金も合わせて調べておきましょう。

夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそういった方には、安い中古物件の住宅ローンはどうでしょう。

参考サイト:住宅ローン審査基準甘い銀行は?通りやすい!【勤続年数と年収】

ただ、これはしっかり調べて確認しておく必要があります。

まずは返済期間が新築の場合と比べて短いという特徴があります。

一度使用してある物件のために耐久性が考慮され、返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。

安さだけで選んでしまうと、後々問題が出てくることもありますし逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

物件によってはリフォームを必要とする場合もあるので全部で、総返済額がいくらいになるか、事前に確認しておきましょう。

数年後に、ローンを組んで家族と住むための家を購入したい方は借りたお金を何年で返し、完済したいのか話し合いましょう。

一般的には、35年ローンで申請される方が大半ですが本当に満期までかかって返す方は少ないようです。

たいていの場合は、出来るだけ早く返済出来るようにしています。

ボーナスなどのまとまったお金を返済に充てるのであれば、繰上げ返済時の手数料が0円の銀行を選ぶとお得です。

目の前の生活だけでなく、今後の見通しも検討した上で月々の支払いが滞ることの無いようにする事が大切です。

まずは口コミや評判なども参考にすると良いですね。

住宅ローンと一言で言っても何種類もの商品があり、どういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

ただ第三者であるアドバイザーの意見を聞いてから、借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

これ以外にもこれからずっと支払いをしなければならないので、お金をかけてまで相談したくないという方が殆どです。

今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

自分で出来る範囲で勉強しておくといいですね。

もしも、住宅ローンを返済中に失業してしまったら残ったローンをどのように返していったらいいのでしょうか。

トラブルが起こっても対処できるように備えましょう。

今、どのような立場に自分が立っているのか確認します。

会社側の都合で辞めることになったのか、それとも自分なのか?これによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。

会社側の都合であれば、1年間は失業手当が出ますのでその期間に再就職を考えながら残りを返済に充てる事も可能です。

注意すべきは一度の延滞でも強制的に破綻させれる事もあるので、優先順位を考えて行動するようにしましょう。

住宅ローンの支払いを長い間しているとまとまった現金が出来る時もあるかと思います。

その様な時は場合は是非、繰り上げ返済を検討してください。

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、まとまった金額を返済する手法です。

繰り上げ返済をすると、根本的なローンの元の金額を減らす事ができますので、借入額をさらに減らす事ができます。

元金が減るので、月々の返済額も少なくなります。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。